teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ギター

 投稿者:akubi  投稿日:2006年 3月 9日(木)11時09分44秒
  貴方が爪弾くギター 優しい音色の 旋律が漂う
私の好きな曲を いつの間にか弾いている貴方
貴方の好きな曲を 歌いながら爪弾く貴方

そんな貴方をそっと見つめながら
そっと幸せを感じている 私


「あ? うるさかった??」

「うぅうん うるさくない 貴方のギター 好きよ」

「照れるね」

「照れさせちゃうね」

「あはは」



そう言って また爪弾くギターは 尚更音色が優しい



私 知っているのよ
何気なく 爪弾いているけれど

貴方 未来のための子守唄
自分で作って 聞かせたいんでしょう?



どこまでも 優しい人

いつまでも 優しい人



そう 思わせてくれる 貴方の存在を
大事に 大事に 私は抱きしめていこう



ねぇ 貴方

未来が生まれても

私を 嘘でもいいから

「一番好きだよ」って言ってね?

私も 一日一回は

「貴方が一番好きよ」

そう言うから

その後で 未来に 言いましょう?

「そんな二人の宝物が 未来だよ」って




貴方の愛情が 二人を包んで

私の愛情が 二人を包んで

貴方のギターみたいに幸せな 音色を奏でられるような


そんな 家族になっていきましょうね





そう思いながら 貴方を見つめる



「あ やっぱり うるさい??」

「うぅうん うるさくないよ」

「そう?」

「うん」



そして また爪弾き始める 音色が聞こえる



幸せな 音色

幸せな 時間
 
 

「胎動」

 投稿者:akubi  投稿日:2006年 3月 8日(水)16時02分7秒
  「ほら! 動いた!!」

貴方が このお腹に手を当てて 幸せそうに笑う

「うん 本当ね すごいね」

私が そんな貴方を見つめながら 幸せを感じる


ねぇ こんなに幸せが 溢れているのが 怖いね
でも 誰よりも幸せに なって微笑んでいることが 大事だよね


貴方は嬉しそうに 耳をあてたりしながら
二人の未来を 今から愛おしそうにしてる


「ねぇ この子の名前 どうするの?」


貴方にそっと問いかけた


「そうだな~・・・なんてね
 実はもう 考えてたんだ」

「何? 素敵な名前?」

「いや 気に入るかどうかわからないけど・・」

「言ってみて?」

「うん あのさ 『未来』にしないか?」

「『未来』」

「うん この子は 俺らにとって初めて出来た
 二人の未来の象徴だろ?
 だからさ 『未来』ってそのままだけど
 呼ぶたびに この想いを思い出すし
 呼ぶたびに 君への想いを僕は抱きしめるんだ」

「うん 素敵ね いい名前」

「じゃ いい?」

「えぇ もちろんよ」



貴方は 嬉しそうに微笑んで


「お前の名前は 『未来』だぞ
 お~い みらい~ 元気か~~」


もう 呼んでる




こんな 時間を 与えてくれて


神様 ありがとうございます
 

「ただいま」

 投稿者:akubi  投稿日:2006年 3月 8日(水)15時55分18秒
  いつものように 僕は店を出た
まだ少し 白い吐息がが踊るこの街の夜は
華やかで どこか湿気をはらんでいる

君は 今日も あの部屋で僕を待っている

いつもドアを開けるのが 楽しみなんだよ
だって 君がいつも微笑みながら

「おかえり」

そう言って 僕を見る
家中に 君の作る 手料理の香りがして
僕は 心から

「幸せだな」

そう思うんだ


君が ここにいる幸せは 当たり前なんかじゃないんだ
僕が ここにいる幸せは 当たり前なんかじゃないんだ


僕らは 一生懸命 一緒にいるために
傷ついたり 傷つけたりしながら
二人であることを 一生懸命 掴み取ったんだ


「ただいま」


この言葉を 君に言える 喜び



「お帰り」

この言葉を 僕が聞ける 喜び



きっと 君も同じ気持ちを抱いているんだろう?



微笑みで わかるんだ



でも この話をしたら きみはまた

「きざだね」

そう笑うだろ?


だから 内緒にしとくよ




この街の 夜の片隅に 僕と君がいるんだ
さぁ 君が待ってる

急いで帰ろう
 

レンタル掲示板
/1